WEBマーケティング 情報発信 独立・起業

【最強ツール】メルマガとは?〇〇があなたの収入を10倍に増やす理由…

「メルマガ(メールマガジン)はオワコン!」ということを聞いたことがあるかもしれませんが、こういうことを言っている人は全くもってメルマガについて理解していません。

それらのオワコン勢は、ネガティブキャンペーンを使うことで、メルマガからLINEなどのサービスに誘導している方もいるかもですが、基本はLINEと併用する方が安全です。詳しくは後ほど話しますが…。

 

ハッキリ言って、個人事業主・中小企業・大企業・副業などなど、全てのビジネスで取り入れるべきツールがメルマガです。

 

江戸時代の商人が火事にあったときに、家から持ち出したのは商品ではなく顧客名簿の入った枕だったそうです。

なぜなら、商品が売れるのは、その先にお客様がいるからこそ。

お客様がいなければ、どれだけ素晴らしい商品を作ったとしてもゼロ円です。

 

江戸時代の商人はそれがわかっていたからこそ、商品ではなく顧客名簿を大切に保管していたわけです。

 

この記事ではメルマガとは何か?ということからメルマガを導入することで収入が10倍になる理由などについてお話をしていきます。

メルマガ(メールマガジン)とは?

そもそもメルマガをひとことで表すならば、『教育』と位置付けることが出来ます。

 

「教育?どういうこと?」

 

となるかもしれませんが、商品を購入してもらうためには見込み客を教育しなければなりません。

WEBで商品を販売することが出来ていない人は、このことを理解していない人がほとんど。

 

たとえば『ジャパネットたかた』さんとかのCMを見ればわかるかと思いますが、いきなり始まる商品の事を私たちは知りません。

 

そんな状態の私たちを

認知→興味・関心→検索・検討→購入

へと独特の発声で導いているわけです。

 

この流れはユーザーに商品を認知してもらい購入まで教育していることに他なりません。

 

※マーケティングファネル:ユーザーが商品を購入するまでの流れ

 

また、LP(ランディングページ:WEBの商品販売ページ)ってスゴク長いじゃないですか、これもまた商品を購入してもらうためにユーザーを教育しているわけです。

「ウンウン、なるほど…。」とユーザーは長いページを読み進めていき、教育されて商品を購入します。

 

これらの一連の流れを、メルマガは何日にもわたって行うことが出来ます!

 

もしメルマガを持っておらず、ブログだけで商品を販売しようと思ったら、基本はユーザーに教育をするチャンスは1回しかありません。

「うーん、この商品は良いかも…でも一応、他のサイトで比較しよう。」

最近はこんな感じで、あなたのブログから離脱され他のブログで買われることもシバシバ。

しょうがないですよね?

ユーザーとの接点が1回しかない戦場で戦っているわけだから。

 

ところが、もしメルマガ(LINE)をしていたら…。

明日も同じ商品を紹介・教育することができますし、なんなら別の商品を紹介・教育することも出来るわけです。

これがプル型・プッシュ型のビジネスモデルの違いです。

合わせて読もう
情報発信 プル型 プッシュ型 PULL PUSH
情報発信のプル型とプッシュ型とは?覚えるべき2種類のメリット・デメリット

前回はとりあえず「何でも良いので情報発信をしましょう!」とお話をしました。 取り扱う商品によってSNSなどは相性がありますので、まずはブログを始めることをオススメしますが、ハードルが高い場合はTwit ...

続きを見る

メルマガは最小のコストで最大の利益が得られる

2016年からWEBビジネスを始めましたが、そのころからメルマガの重要性に気づき、ブログと併用で始めていました。

私のプロフィールを読まれた方だと知っているかもしれませんが、そもそもWEBビジネスに参入したキッカケは、1年で40億を稼いだ酔っぱらいのジジィとの出会い。

そして、ジジィが40億も稼げたのは優良顧客リストがあり、広告費1000万円を使ってDM(手紙)を送付したから。

 

これ、今の時代ならメールリストがあれば広告費なんてかからないじゃん!
斉藤

 

そう、DMと異なり電子メールであれば、ハガキ代・印刷代・郵送代もろもろコスト削減できますよね?

大幅にコストカットすることが出来ます!

 

そして、すぐにでも『ジャパネットたかた』さんと同じようなビジネスを始めることができるわけです。

だからこそ、こんな時代でもメルマガって無くなっていないわけです。

 

「メルマガなんてオワコンじゃない?」

とそれでも思われているのであれば、一度あなたのメールフォルダを開いてみてください。

Google、Apple、Microsoft…名だたる世界的企業が今でもメルマガを送ってきます…なぜか?

メルマガが最強のツールだということを知っているからにほかなりません。

収入が10倍?LTV(Life Time Value)を最大化させる

よくメルマガなどのプッシュ型ビジネスを始めると、収入が5倍、10倍と増えるということを聞いたことがあるかもしれません。

コレってマジですからね。

 

なぜなら、顧客リスト・見込み客リストをもっているということはどういうことかというと、一度商品を購入してくれた方にクロスセルやアップセルといったアプローチが出来るから。

ちょっとカッコつけて横文字で書きましたが、要は関連商品もコチラの都合で紹介できるということです。

 

ファンデーションを購入してくれた方には、メイク落としも紹介できますし、マスカラも紹介できますし、読者が未婚の方なら婚活関連のコンテンツも紹介することが出来ます。

 

ブログとかのプル型ビジネスの場合、これらのアプローチが非常に難しいです。

今日、ブログを訪問してくれても、明日も訪れてくれる可能性は低いですよね?

そのため、1人のお客様に1つの商品を紹介しておしまい。

 

しかし、メルマガ等のプッシュ型ビジネスになると、1人のお客様を10回のお客様になってもらうこともできます。

 

顧客生涯価値:LTV(Life Time Value)

こんな言葉が最近のビジネスでは重要視されています。

 

顧客一人に対して、あなたが価値提供をし続けることができるのであれば、ユリカゴから墓場まで、あなたは与えた価値の見返りとして報酬を得続けることが出来ます。

メルマガはその入り口となるツールにほかなりません。

ビジネスを自動化できる仕組み

そして、メルマガが最強のツールであることは、自動化できるということも言えます。

予約配信ステップメールという機能を使うことで、登録したユーザーに対して数日にわたってメールを配信することが出来ます。

 

これは自分の代わりに24時間365日休まず働いてくれる営業マンを作ることと同じです。

あなたが寝ているときも、旅行に行ってるときも、ゴハンを食べてるときも、代わりに営業をしてくれます。

 

個人でもメルマガスタンドというメルマガ配信サービスを利用するれば、この自動ツールを利用することが出来ます。

コストパフォーマンス最強の営業ツールですね。

公式LINE(旧LINE@)だけでは危険?

公式LINE(旧LINE@)でも、ステップLINEといった外部のシステムを組み込むことで、自動化することも可能です。

しかもメルマガとは異なり、到達率は100%です。(メルマガってしっかり対応しておかなければ迷惑メールに振り分けられたりします。)

 

ですので、最近はLINEを使ったプッシュ型ビジネスが盛んですが…個人的にはあまりLINEに依存するのは怖いかなと考えています。

というのも、LINEの都合でアカウントが凍結するといったこともしばしばあります。

私の知り合いもアカウント凍結からの削除でリストが無くなりました。

 

無くなったリストは絶対に戻ってきません。LINE側も忙しいのか対応はあまりよくないです。

これってメルマガ等のリストマーケティングをされている方からすると恐怖でしかありません。

今まで月収100万円だったのが、来月からはゼロ円ってことですからね。怖すぎ…。

プラットフォームを握られているということは、ビジネスにおいてリスクでしかありません。

 

ですので、もしLINEをメインで使うのであれば、必ずメールマガジンとの併用をお勧めします。

ほとんどのメルマガスタンドでは、顧客リストを保存しておく機能があり、万が一飛んだ時でも復帰できるようになっているかと思います。

※無料のメルマガスタンドにはそういう機能は無いと思うのでご注意ください。

 

あと、公式LINEは無料で始めることが出来ますが、リストが多くなりすぎるとコストが高いです。

さっきも挙げたGoogle、Apple、Microsoftなどの大企業もLINEは使っておらずメールですよね?

LINEに情報を抜き取られるリスクがありますし、一番はコスト面の問題だろうなと。

 

とはいえ、個人・中小企業であれば無料で始めれるのでガンガン使ったほうが良いです。

とりあえず、見よう見まねでやってみるのもアリかなと。

メルマガよりも簡単に始められますし。

 

おそらく、この記事を読んでるほとんどの人が行動しないと思いますが、最強のストック型ビジネスを手軽に始めることが出来ます。

指をくわえて見てるだけか、すぐに乗り込んで行動に移すか?待ってる将来が180度違うことは明らかですよね。

 

 

 

-WEBマーケティング, 情報発信, 独立・起業

© 2020 smallbiz