コンテンツマーケティング

ショート動画でバカになった結果…稼ぐための本質がわかりました。

昔は50分作業をして10分休んで、また50分…といったルーティーンで仕事をしていたのですが、ここ最近は作業をしようと思っても50分も集中できない状態。

効率的に集中させるテクニックの25分集中して5分休む『ポモドーロ・テクニック』をしてみても、イマイチ集中できていません。

 

これって加齢による更年期障害?なんてちょっと恐怖を覚えていたのですが、10秒ぐらい考えて思いだしたのがショート動画の見過ぎ…。

 

昨年ぐらいから、ショート動画を制さなければ動画マーケティングを制することが出来ないなと思い、リサーチをしていたんですね。

おそらく、これが原因だろうなと。

同じような方はいませんか?

Z世代攻略にショート動画

YouTubeをやられている方だとおわかりだと思いますが、通常の長い尺の動画が見られづらくなってきています。

特に今のZ世代(10代、20代)をターゲットにするならショート動画一択。

 

TikTokをはじめInstagramもYouTubeもこぞってショート動画。

ショート動画から本動画、もしくはLP(販売ページ)やメルマガやLINEなどへ誘導。

この流れが基本になりつつあります。

 

昔は映画なんかも2時間とか2時間半とかの尺が当たり前でしたが、今は1時間半が一般的です。

そもそも、ゴッドファーザーやタイタニックとかは集中出来ない以前に、見る時間を確保することすらままならないのかと思います。

NETFLIXとかでも、その辺は心がけていて、とにかく最初の数分を命がけで作りこんでいます。

 

アプリを開いてAIが選択した動画を垂れ流し、そして取捨選択を一瞬で決めます。

この大きな流れはもう変わらないだろうなと。

つまり、ここを学んでいかなければ喰いっぱぐれる可能性が高くなるため、昨年末あたりからリサーチをしていたわけです。

情報の垂れ流し時代にいかに向き合うか

「こんな情報の垂れ流しの何が面白いんだよ!」と思いながらショート動画をチェックしていたのですが、これが意外と面白いんですよね。

何が面白いってことはないんですが、ちょっとした役立つ情報だったり、ちょっと気になる話だったり…。

気が付けばメチャクチャはまっていました(涙)

 

また、情報の受け手は非常に楽なんですよね。

何も考えずにAIが自動で動画を流してくれるので、興味のあるものだけチェック、ないものはスワイプでサクッと消す。

1分足らずの動画をさばいていき、気になる動画は本編をみたり、何度も見直したり。

気が付けば何も頭を使わずにすむ、楽~な時間が流れていくわけです。

つまり、使っていると頭が悪くなるということ。

 

これって昔でいうところの、テレビを見ると頭が悪くなるというような感覚。

だから、「見るのをやめましょう!」って多くの人はなるかと思いますが、本気で稼ぎたいのであれば、この大きな流れに逆らうのは非常に危険です。

だって、今あるメディアはドンドン衰退していくから…。

完全になくなることはないとは思うけど、利用者のパイは減っていくので収入が減ることは確実です。

まとめ 稼ぐ本質は同じ

リサーチをしていて分かったのは、すでにお話をしたとおり…

ショート動画⇒本編⇒LP

ショート動画⇒LP

 

やることはこれだけ。

稼ぐための”本質”は変わりません。

 

ショート動画自体の広告収入は非常に少ないので、稼ぐためにはこの仕組みを理解して、いかに見込み客を集客してLPに落とし込むかという部分にかかっています。

つまり、結局のところLPで行動してもらうための文章力が大事だということ。

実践する方は文章力も鍛えていきましょう。

【参考資料】

-コンテンツマーケティング
-