独立 開業

Colum 独立・起業

独立開業をする前に自分で稼ぐ力があるか試してみる|まずは副業で稼いでみる

先日、オンラインゲーム仲間から相談を受けました。

相談を受けた内容は、ゲームとは全く関係のない『今後の将来を考えて独立を考えている』という内容。

普段は何気ないゲームの話などをしていた彼女ですが、今回はちょっと真剣な感じの相談でした。

相談をした理由としては、このまま会社員として働き続けることに不安があるため、すでに独立をしている方から話を聞きたかったとのこと。

 

色々と彼女の独立したい・やりたい内容を聞きました。

話しを聞く限り、ソコソコ需要のありそうなジャンルなので、ある程度は稼げるのかなと思います。

ですが、私が出したアドバイスは「とりあえず、今の状況から1円でもいいから稼いでみて。」というものです。

なぜなら、会社勤めの方のほとんどの方が、ゼロからお金を産み出すことをしてきていないからです。

独立よりも大切なことは稼ぎ続けること

実は独立をすることは誰でも出来ます。

税務署にいって開業届を提出すれば良いだけです。

たったこれだけで開業できます。

 

独立開業で最も大切なことは、お金を稼ぎ続けることです。

ここを理解していなければ、独立をしたとしても夢物語に終わりますし、たとえ一時は上手く稼ぐことが出来たとしても、稼ぎ続けることが難しいわけです。

しかも、ほとんどの会社員の方は、自分でお金をゼロから稼ぐという経験をしたことがありません。

 

普段は会社の稼げる仕組みを使って稼いでいるにすぎず、いくら稼いでいたとしても、それは会社がスゴイのであってあなたがスゴイわけではないです。

ココを間違えて独立をしてしまうと、ほとんどの場合失敗します。

なぜなら、自分でゼロからお金を稼いだ経験が無いからです。

会社員の内にゼロからお金を稼いでみる

多くの場合、会社員の給料は固定給になっているかと思います。

毎月、決められた日数だけ出勤をすれば、最低限の給料を得ることが出来ます。

 

しかし、独立をした場合は違います。

10日働いたら10日分だけ、20日働いたら20日分だけお金を稼ぐことが出来ます。

もちろん商品(サービス)が売れる場合もあれば売れない場合もあるので、10日働いたから20万円・20日働いたから40万円といった計算は成り立ちません。

全てが自己責任で成り立つため、10日働いても20日働いてもゼロ円ということはザラにあるわけです。

 

こう考えると、独立は非常に怖いビジネスです。

まさに明日はどうなるかわからないので。

ですので、ほとんどの社長さんは毎日休まず働いている方が多いわけです。

稼げるときに稼いでしまう感覚ですね。

 

ゼロからお金を稼いだ経験が無い会社員の方の場合、往々にして1ヶ月も2カ月もゼロ円といったこともあります。

なぜなら、商売(お金を稼ぐという仕組み)を理解していないから。

商売の仕組みを理解する

基本的な商売の仕組みは…

製造+集客+販売

この3つから成り立っています。

 

独立をするということは、上の3つを全てまかなう必要があります。

会社では分担作業をしていたことでも、独立をした当初は資金面もないと思いますので、全てを自分でやる必要があるわけです。

 

しかし、ほとんどの会社員の方には、これら3つを行うスキルを持ち合わせていません。

ですので今の内から、どれか一つでも会社の力を借りずに行うスキルを身に着けたほうがいいわけです。

家にある不用品をまずは売ってみよう!

集客・販売に関して言えば、アフィリエイトを行うのが一番手っ取り早くスキルを身につけることが出来ます。

しかし、アフィリエイトの収益化には時間がかかります。(最低でも3ヶ月は欲しいです。)

多くの方はシビレをきらして撤退をします。

 

ですので、まずは家にある不用品の転売をしてみることをオススメします。

今はメルカリやラクマなどフリマアプリが充実していますし、ヤフオクやAmazonなどでも不用品を売ることが出来ます。

転売をしてみることで、商売(ビジネス)の本質をつかむことが出来るかと思います。

なかにはハマって、月収100万円、200万円と稼げるようになる方もいるかもしれません。

 

私に相談をしてきた女の子も、自分の力だけでお金を稼いだことが無い子でした。

ですので、まずは転売などの副業をオススメしたわけです。

 

会社の力を借りずに、自分の力だけでゼロからお金を稼いでみる。

独立をする前に、まずはやってみてください。

-Colum, 独立・起業

Copyright© smallbiz , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.