LIFE MUSIC

DJマシュメロ(marshmello)が来日!音楽が売れない時代の稼ぎ方

先日、友人とDJマシュメロ(marshmello)のライブに幕張メッセに行ってきました!

音楽は好きですが、最近はほとんどアーティストのライブ等行っていなかったので良い意味で刺激を受けました。

音楽不況と言われていますが来場客は15000人。

9,000円からのチケットですがメチャクチャ入ってます。

結局、売れている人は売れているし、売れていない人は売れていないわけです。

ただし、昔とは稼ぎ方が異なっていることは事実。

YouTubeやSpotifyなどの無料配信系のおかげでCDが売れていません。売れているCDは握手券とかが付いたものしか売れてないです…。

CDって言葉を知らない子供もソロソロ出てくるかもしれません。

ちなみにMarshmelloはiTunesのElectronic Albumで1位を記録しています。

売れている人は結局売れている…ただ、Marshmelloに興味を持ったのは音楽はモチロンのことですが、それ以上に売り方がスゴイなと。

完全にキャラクタービジネス、ミッキーマウスと同じキャラクタービジネス。

個人が独立する際もこのキャラクタービジネスが最強です。

Marshmelloのマーケティング戦略がスゴイ

マシュマロのマスクというかバケツ?ヘルメット?を被った覆面DJのMarshmello。

一応、まだ中のDJが誰なのかは公式で発表しておらず、マシュメロ名義の楽曲のほとんどはYouTubeで見ることができます。


マシュメロを一躍有名にした名曲の『Alone』は再生数12億。

少し前までの音楽系の戦略って、CDとは違うバージョンの動画をYouTubeなどにあげてCD購買へとつなげていましたが、最近はそんな戦略もなくなり、ほぼ丸々YouTubeにPVが上がっています。

良い曲を作ることはモチロンですが、良い曲を作っただけでは、これからの時代音楽で食べて行けません。

日本の場合、カラオケ文化がので多少は印税が入ってくるかと思いますが、DJやインストの場合ほとんど入ってこないというか、そもそもカラオケ行かないですよね。

そうなってくると、売り上げを上げるのはライブとグッズ。

YouTubeの広告費というのもありますが、今回の来日公演1日だけでも1億以上は売れています。

飲み友達にインディーズのレーベルの代表の方がいるのですが、やっぱり音楽だけでは売り上げが立たず、ライブやグッズなどの売り上げが大きいとのこと。

よく「好きなことで稼ぐ」という話を聞きますが、それ以上に大切なのは「好きなことの周りでも稼ぐ」ということ。

マシュメロはその両方で稼ぎまくっています。

結局、キャラクタービジネスが最強の理由

もし、「今からゼロベースでビジネスをするのであれば何をするか?」と言われたら、「間違いなくキャラクタービジネス」をすると答えます。

しかも、これからAIの時代と言われている中で、生き残るには間違いなくキャラクター化が大切だと考えています。

キャラクター=ミッキーマウスのような感じのデフォルメ・アニメ化が必要というわけではなく、どう人間性を押し出していくかが重要です。

マンガ系のアイコンを作ることが必須なのではなく、別に打ち出し方は個人の写真でも写真じゃなくても問題ありません。

大切なのはどういう人がどういう情報を発信しているかということ。

商品を販売する上で最も大切なことは接触頻度です。

お客さんや見込み客の方とどうやって接触していくのか?そのときに販売のアシストをしてくれるのがキャラクター化した人間性になってきます。

人間性に人は魅かれて商品や関連商品などを購入してくれます。

ロック系のバンドやアイドルなどとは異なり、DJって非常に差別化が難しいです。

そんな中で落書きのような簡単なマスクをかぶって差別化をしているマシュメロはやっぱりスゴイですね。

音楽もモチロン良いですが、ライブもグッズも売れまくるわけです。

キャラクター化された裏側の人間性をみて、少々高かかろうが付加価値として商品をドンドン購入していくわけです。

-LIFE, MUSIC

© 2020 smallbiz Powered by AFFINGER5