Colum

最新のmacパソコンを格安で手に入れ続ける方法|imacをサブスクで買う

ここ最近デザイナーの方と仕事をする機会があったのですが、WindowsとMacとで互換性が出てきたとはいえ、やっぱり細かい部分でエラーが出たりして面倒です。

特にPhotoshopやillustratorなどのAdobe製品を使っていると、色彩関係で全然違っていたりするので、デザイン系の仕事をするならやっぱりMacかなと思っていたところ、デザイナーのMacがクラッシュ。

予定していたスケジュールが急きょ無くなりました。

 

コレがあるからMacは嫌なんですよね…。

 

デザイナーに聞いたら修理費で8万ぐらいとのこと。

だったらいっそのこと買い替えようと考えていると話していたので『macはサブスクで買うべき!』とアドバイスをしました。

 

macパソコンは最新モデルをサブスクで買い替えるのがベスト!

アップル製品はパソコンに限らず中古製品がかなり出回っていますが、最新モデルよりも安いからといって中古のmacを購入するのはオススメしません。

なぜならmacの中って製造年ごとに結構変わっているんですね。

パーツどうしの相性が合ったり悪かったりと結構違います。

こんなの素人じゃ絶対にわからないですよね?

 

高いお金を出して中古で買ったmacがもしイマイチ調子が悪かったら…。

時間とお金の無駄になります。

それじゃあ、便利だからパソコンを使っているのに本末転倒ですよね?

 

だからこそ、macは最新モデルをアップルストアで購入するのがベスト!

そして、1年~2年使ったらメルカリに出品したりアップルの下取りに出す。

 

アップル製品は中古でもそこまで値崩れしないので、ソコソコの金額で売れます。

最新モデルとの価格差でだいたい10万円前後にはなるはず。

 

つまり、毎年10万円の出費で最新モデルのmacを合法的に手に入れることが出来るわけです。

 

毎年10万円というと、ちょっと高いと思えるかもしれませんが、月額にすれば1万円前後になるわけなので、キャリアの携帯代とほとんど変わりません。

こう考えるとサブスク(サブスクリプション)型の月額制サービスって恐ろしいですよね?

上手く取り入れれば最強のビジネスモデルです。

メルカリで高く売れない場合の対処法

1年~2年落ちのmacであれば、差額10万円程でメルカリやヤフオク!などで売れると思いますが、もし売れない場合はあなたの文章力が原因の可能性が高いです。

もしくは、過去にゴミみたいなものを売って評価が低かったりすれば売れません。その場合は下取りに出しましょう。

 

文章力が商品の価値を高めます。

逆に言うと文章力のない人は売れなかったり、他より安くすることでしか差別化できません。

安売りをするということは、同じ行動をしているのに利益がドンドン減っていくということ。

 

ビジネスで一番やっちゃいけないのが安売り。

大企業のような資本がある場合は別ですが、個人・中小企業の場合は商品をいかに高くうることが出来るか?価値を高めることが出来るか?考え行動する必要があります。

価値を高めるためには文章力が必須です。

対面販売の場合も同じ。文章力が高ければ、台本を用意することが出来るので。

文章力を高めましょう。

 

 

-Colum

© 2021 smallbiz