Colum

アインシュタインの名言『人類最大の発明』を使う、複利の力とは?

先日、整体をやられている女子と飲む機会があってビジネス系の話をしていたのですが、その時にビックリしたのが『複利』という言葉を知らなかったんですね。

知らないことって別に恥じゃないですし、私自身も知らないことだらけですが、知らないままにしておくことが問題です。

そこで、この記事では『複利の力』についてお話をしていきます。

 

こういう大切な仕組みは初等教育でしっかり教えるべきですよね、マジで!
斉藤

アインシュタインが『人類最大の発明』と言った複利の力とは?

知っている人は知っていますが、20世紀の天才物理学者アルバート・アインシュタインが『人類最大の発明』といったことで有名なのが複利の力。

ざっくりとなんなのか解説をすると、投資をするときに使われている計算です。

だから、この仕組みを知らないで投資をすると損をすることがあります。マジで。

 

『複利』は利子が利子を生む考え方で、その対義語に『単利』というものもあります。

具体的な数字で考えていきます。

 

100万円を年利10%(1年で10%増える)で運用すると

【単利の場合】

100万円+100万円×10%=110万円

1年後には100万円が110万円になります。

 

そして、2年後は…

110万円+100万円×10%=120万円

2年で120万円となり、20万円が儲けになります。

 

しかし、複利で運用すると

【複利の場合】

100万円+100万円×10%=110万円

1年後には100万円が110万円になります。

 

ここまでは『単利』と同じですが、2年後は…

110万円×110万円×10%=121万円

単利が120万円なのに対して、複利の場合は121万円と1万円多く儲けることが出来るわけです。

 

「なんだよ、たかだか1万円の違いでしょ?」

と思った方は人生メチャクチャ損しているので注意してください。

 

例えば、複利で年利10%を10年運用するとどうなるか?

3年後…

121万円×121万円×10%=133.1万円

 

このあたり計算が面倒なので、WEBにあった複利計算をすると下記のような結果になります。

>keisan~生活や実務に役立つ計算サイト

なんと、10年目には259.374万円になっているわけです。

元本の100万円が倍以上になりました!

成功者たちは複利の力を使っている

投資とかをしない方からすると、この複利の考え方は「ハーン、なるほどねー。」ぐらいの相槌程度の考えしか出ないかもしれません。

ですが、いわゆる成功者たちのほとんどは、この複利の力を使って結果を出しています。

 

そのひとつが1日1%の努力をするということ。

 

何でもいいです、1日1%の努力や改善をすることで、1年後(365日後)には理論上は37倍以上の結果がでます。

 

1日を100とすると…

100+100×1%=101%

2日目…

101+101×1%=102.01%

 

そして、365日後…3780%になっています。

つまり、37.8倍の結果を出すことが出来ます。

 

ブログでもYouTubeでも何でも良いです。

毎日1%のコツコツと継続をすることで、1年前よりも37.8倍の自分になっているわけです。

 

「じゃあ、1%ってどのくらいよ?」

ってことで時間で計算をすると、1日は24時間なので1%は0.24時間。

24時間は1440分なので、

1440分×1%=14.40分

つまり、1日の1%は約15分になります。

 

まずは1日15分だけ時間を捻出して、自分の資産となる行動を起こしましょう。

『複利の力』を使えば、たった15分でも1年後には37.8倍のあなたになっているはず。

 

合わせて読もう
フロー型・ストック型ビジネスとは?具体例を交えて今日から始める方法

「働けど働けど猶わが生活(暮らし)楽にならざりぢっと手を見る」と言ったのは天才歌人の石川啄木ですが、じっと手を見つめたところで生活が良くなるわけもありません。行動しなければ!! そして、労働時間を増や ...

続きを見る

 

 

 

-Colum

© 2020 smallbiz