情報発信 独立・起業

オンライン講座の作り方|著作権(ストック)ビジネスで不労収入を手軽に得るには?

コロナショックのために良くも悪くもビジネス環境が180度変わりました。

おそらく実店舗型ビジネスに関わっている方のほとんどが、自分の携わっているビジネスの将来性に不安を抱いたかと思います。

給付金やら補助金やら出ていますが、ハッキリ言って「リアルビジネスなめてるのかよ?」と思うような額ですよね。一か月分の家賃にすらならなかったりします。

 

ただ、ビジネスは起業がゴールではありません!存続し続けること…つまり、生き残ることが全て!

ですので、もらえる額が少ないとピーピー泣きわめくのではなく、もらえるものはしっかりもらって、次の環境で生き残れる仕組みを作ることが大切です。そして、稼いだら税金を多く納めて貢献すればいいですね。

 

さて、私は2016年からWEBビジネスに参入していますが、ライン(オリジナル)講座ほど効率的な稼ぎ方は無いと考えています。

最初は難しいと思えてしまうかもしれませんが、仕組みさえできてしまえば自動的に収益を上げることもできますし、月収100万円、200万円、1000万円と本業以上の収益を上げることも可能です。

なにより自社商品になるため、ビジネスをコントロールすることが出来ます。

 

やるかどうかは個人の自由ですが、生き残るためには、すぐに行動に移したほうが良いです。

 

この記事ではオンライン講座をどうやって作っていくのか?という悩みに答えていきます。

質問や相談などあればLINEか文末のコメントに残してください。

オンライン講座とは?

そもそも、「オンライン講座って何よ?」って話ですが、イロイロな解釈があるかと思いますが、ここではパソコンやスマホなどで受講することが出来るWEB上の講座として話していきます。

ですので通学する必要もなければ、移動中の電車の中でも受講できるので、ユーザーにとっても無理なく学習することが出来ます。

WEB上で閲覧できる教科書と思ってもらえれば良いかと思います。

 

もちろん、ZOOMやGoogle meet、Skypeなどを使って、マンツーマンで教えることもできますが、まずは教科書を作ることを最初に取り組んだ方が良いです。

 

なぜなら、マンツーマンのコンサル型の場合は、少なからず自分の時間を取られてしまう労働型収入(フロー)

一方で教科書であれば、いわゆる著作権型の不労収入(ストック)になります。

収入の質が違うわけです。

WEBコンテンツとなるので、紙の教科書とかとはことなり増刷にもお金はかかりません!つまり、利益率がハンパなく高いわけです。

 

また、教科書を見込み客に対して販売することで、ユーザーの理解力が各段に上がります。

教科書のない塾と教科書のある塾…どちらがユーザーにとって利便性が高いかは言うまでもないですよね?

 

合わせて読もう
フロー型・ストック型ビジネスとは?具体例を交えて今日から始める方法

「働けど働けど猶わが生活(暮らし)楽にならざりぢっと手を見る」と言ったのは天才歌人の石川啄木ですが、じっと手を見つめたところで生活が良くなるわけもありません。行動しなければ!! そして、労働時間を増や ...

続きを見る

オンライン講座で準備するモノは3つだけ

それでは、ここからは具体的にオンライン講座で準備するモノを上げていきます。

一見すると難しく感じるかもしれませんが、必要なモノは3つだけです。

1オンライン教材

まず、ユーザーの方に教えるコンテンツが必要になります。

コンテンツの種類としては文章、音声データ、動画と必要な素材を使いましょう。

  • 文章:PDF(WordやPowerpoint、Pagesなどで作成した文章)やWordPressブログの記事など。
  • 音声データ:スマホの録音機能(ディクタフォンアプリなど使いやすいです。)各種録音データなど。
  • 動画:YouTube(限定公開)やVimeoなど、またはPowerpointにも録音機能が付いています。

最初から動画などでの作成はハードルが高いので、初心者の方は文章コンテンツから始めると良いです。

 

WordPressを使ったブログであれば、記事ごとにPASSを設定できるので、購入者の方にのみPASSを伝えれば秘匿性は保たれます。

また、セミナーなどされている方は、その模様を録音・録画して編集するのもオススメです。

 

初心者向け
WordPressのロゴ
WordPressブログの作り方を5stepで解説|WPXで今日から始める

この記事ではプログラミングの知識が無い初心者の方でも、今すぐWordPress(ワードプレス)ブログを始める方法について話していきます。 これからブログを始めようとする方であれば、絶対にWordPre ...

続きを見る

 

2販売ページ(LP:ランディングページ)

オンライン教材ができたら販売ページを用意しましょう。販売ページのことをLP:ランディングページと言ったりします。

販売ページがなければ、せっかく出来たオンライン教材を販売することが出来ません!ですので販売ページを作成しましょう。

予算のある方はプロに制作依頼をした方が良いです。相場は10万円~30万円ぐらい。

 

とはいえ、ご自身のブログ内で販売するのであれば、販売ページを用意しなくてもOKです。

ブログの記事内に決済システムを入れれば良いだけ。

 

最近のWordPressのテーマでは記事ごとにLP使用にすることもできたりする便利なものもあるので、そういうのを利用するのも手です。

>WordPressテーマを50万円以上購入してたどりついたテーマとは?

 

ブログなどを運営していない方は、サイポンとかのツールを使うと簡単にサイト作成やLPができます。業種ごとのテンプレもあるので、ある程度は参考になるかと思います。

まぁ、本当は自分のWordPressブログやホームページは持っておいた方がいいです。

3決済システム

最期に決済システムです。お金を入金してもらうためのシステムですね。

これがないと、毎回のように銀行入金とか、お金を手渡しとかいったアナログな感じになります(涙)

 

有名なところだとPayPalとかありますが、初心者の方だと使い勝手がイマイチかもしれません。

PayPalで決済からコンテンツ配布までの流れを自動化させるのが面倒なので、私の場合はエキスパを使っています。

メルマガ・LINE・セミナー・LP作成・コンテンツ販売からアフィリエイトも一括でできるので楽ですし、特にユーザー目線で考えると購入者の方へのアフターフォローとしてSTEPメールが使えるのが良いですね。

※STEPメールとは、あらかじめシナリオを作って配信することができるメールマガジンです。

 

もっと手軽に決済フォームを使いたい方は、noteBrainが使いやすいです。

両方とも手軽にオリジナル講座を公開することができ審査もありません。売れた分から10%前後手数料を取られます。

ただ、最近はnoteに関してはIPアドレスの流出や、コンテンツが良くないという不透明な理由でアカウント削除されているケースが多々あります。

100万円とか200万円とかの売上を没収されているので注意して下さい。※規約などは必ず確認を。

 

また、オンライン講座販売の老舗としてはinfotopinfocartがあります。

こちらはオンライン講座専門のASPで、販売には審査があるため、note・Brainよりしっかりしています。

そのためnoteのような販売した後から売り上げが没収といったことはないのでご安心下さい。

億越えがゴロゴロしているのが特徴で、あなたの代わりに販売してくれるアフィリエイターの方も豊富に在籍しています。

まとめ 自分の分身を作ろう!

ここまでお読み頂きありがとうございました!

おそらく、読んだ方のほとんどの方が行動には移さないかと思います。

なぜなら、行動するのがメンドウクサイから。

 

仕事をすればお金がもらえるサラリーマン的な思考の方には向いていないビジネスモデルです。

それはそれでいいと思いますし、会社員の給与で満足すれば良いだけ。

ただ、それでは自分の時間の切り売りでしかありません。

満員電車に乗って、仕事をして、疲れて帰宅の繰り返し。10年後も20年後も同じです。

 

一方で、オリジナル講座の作成・販売は自分のコピーを作ることに他なりません。

寝ている間も、遊んでいる間も、料理をしている間も、勝手に稼ぎ続けてくれるビジネスモデル。

ビジネスの質が根本的に違うわけです。

 

人生を180度変えようと思っているのであれば、生活環境が変わっていく中で生き抜こうと思っているのであれば、まずは小さな行動を起こしていきましょう。

 

 

-情報発信, 独立・起業

© 2020 smallbiz